演劇・キッズシアター

曜日・時間帯

月曜日17:00~18:00(60分) 定員7~20名(※)

※2019年4月から1年間のプログラムになります。(年間38回)
※20名超の受講希望者がある場合は追加のコマ編成を考えます。
※年中以上、または、年少のお子さまでも平仮名が読めるか読めるようになっていこうというお気持ちがご家族含めてある方であればご参加可能です。
※本レッスンは、10名以上の受講生徒が揃った時点からの開講となります。

 

【2019年度授業スケジュール(全38回)】
4月:15、22 
5月:13、20、27
6月:3、10、17、24
7月:1、8、22、29
8月:5、19、26
9月:2、9、30
10月:7、21、28
11月:11、18、25
12月:2、9、16
2020年1月:6、20、27
2020年2月:3、10、17
2020年3月:2、9、16、23(発表会)

レッスン、先生について

・海外では“こどもの成⻑過程において必須”と⾔われ、学校の授業でも実践されているのが演劇(Drama)です。音楽、発声、表現力、情熱、シナリオ理解、相互協力やコミュニケーション力などの社会で必要とされる多くの要素が凝縮して培われます。

・当プログラム、キッズシアターの醍醐味は、オリジナル台本をもとに、演劇創作の⼀環として⼩道具の製作も⼦供達 に関わってもらい、作品づくりから準備、発表の⼀連の流れを体験いただけることにあります。一年後の発表会に向けて、 演出家の佐藤監督のもと、実際に活躍されている俳優・⼥優の⽅々から指導が受けられます。

・当プログラムは、「演劇学習を通じて日本の幼児教育をより魅力的にされたい」、との理念のもと、エデュベート株式会社様よりご提供を頂きます。また、監督、及び講師陣は、スクール運営、プロダクション業務、映画製作など幅広く手がけていらっしゃるジャパントータルエンターテイメント株式会社様の方々にお越し頂きます。

 

佐藤⾹聲 (さとうかしょう)監督 

舞台演出家・作曲家・映像監督。 
パフォーマンス集団「銀幕遊學レプリカント」代表。
アート・プロジェクト集団「鞦韆舘」代表。

在阪の⼤⼿広告代理店でのCMプランナー、在阪テレビ局 での番組ディレクターを経て、現代演劇やコンテンポラリーダンスなどのパフォーミング・アーツ作品の演出家・作曲家に。

劇場空間はもとより能舞台、美術館、寺の本堂や境内などでも作品を発表。 

1998年からの7年間、⽂化庁の芸術家派遣プログラムなどにより、⾹港、タイペイ、上海、シンガポールなどのアジア各都市をはじめロサンゼルスやパリなど、海外での演劇フェスティバルへの参加、受賞経験も豊富。

同時期には、園⽥学園⼥⼦⼤学で「近代演劇史」と 「現代パフォーミング・アーツ」の講座を担当。

また地域活動として、3年間、⼩学校の⽣徒と共に舞台と映画の作品を⼿がけ、近年より幼児教育の⼀環として 幼児への演技指導を意欲的に展開している。

料金(税別)

受講料 1コマ60分2,500円/月 

(通常1コマ3,000円のところ、Gloridge Kids Schoolでの実施初年度に限り、優遇受講料を提供頂いております。次年度の2020年4月からの講座は、継続受講を頂く場合でも通常料金の3,000円/1コマとなります。)

教材費-受講料に含まれております。尚、発表会の衣装制作等のために別途追加の教材費を頂く場合がございます。